【これは最強】Gopro アルミニウム ハウジングケース レビュー

しゃけです。


普段の撮影はすべてGoProを使ってます。
あんなに小さくて高画質でぶれない撮影ができるって最強だと思います。
iPhoneXあたり使っていれば高画質で撮影できるのですが、小さいもの大好き芸人の私はiPhoneSEを愛用しています。
使うものはTPOで分けて使っています。
普段使っているGoProのハウジングを新調しましたのでメモです。

GoPro純正ハウジング

GoPro使ってらっしゃる方がみなさん感じてらっしゃると思いますが、純正のハウジングが実はあまり使い勝手が良くないんです。
①ケースの開閉のクリップのようなところがかなり固くなっていたり、酷使するとクリップが破損してしまうんです。
②USB-Cケーブルを差し込むときにもケースから出さなければならないという不便さがありました。
③その他拡張性があまりない(ホットシュー等)
ただ、シンプルだからこそのメリットもありますね。無駄がない。
ただ、今回はそんなハウジングをちょっと便利にしようということです。

GoPro社外アルミニウムハウジング


これをぜひ紹介したいんです。
一度使うと純正のハウジングには戻れません。
アルミニウムのハウジングなのである程度の衝撃にも耐えるようになってると思います。
早速見ていきましょう。

開封


パッケージはこんな感じです。
安っぽい梱包ですが、中身はしっかりしています。安心してください。


中身はこんな感じになっています。
この袋が実は結構使えます。
ケース含めてこれに入れとけばキズも防げますしね。
素材はナイロンだと思うので、ある程度丈夫なはずです。

外観


正面からです。
商品説明の画像と正面のロゴマークのところが違います。
他の部分は同一なので、そういった仕様なのだと割り切りました。

上から見ました。
右の穴が撮影ボタンの穴です。
うまく切り抜かれています。

付属のUVフィルターとレンズキャップを装着しました。
レンズから少し厚みが出ます。
キャップもしっかり閉められますので、脱落等はないのではないかと思います。

ホットシューを取り付けました。
ボルトオンなので、プラスのドライバーがあれば簡単に装着可能になります。
緩みそうな感じになっていますので、撮影に出かけるときにはプラスドライバーは持っていった方が安心かもしれません。

下部のアダプタを装着しました。
GoProのマウントに連結する部分です。
こちらの素材もアルミでできていて、頑丈です。
プラスチック製だとなんとなくですが不安になりますが、これは大丈夫です。
安心してください。

アダプタ周辺です。


背面から直接本体挿入する形になります。
押さえつけるために、ハウジングの右の手回しのネジで締め付けるようになっています。
本体とケースの間には白味がかっているラバーが間にありますので、本体にキズがつきにくくなっていると思います。

本体を装着するとこのような感じになります。
見事なツライチです。
背面の操作性は、純正より上がっている気がします。

拡張性

実はこのアルミニウムハウジングには拡張性が隠されていまして。
近日中に記事を追加しますので御覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
純正のハウジングもシンプルで私は好きです。
社外のハウジングにもたくさんの可能性があります。
そして何より操作性が格段に上がります。
金額も決して安くはありませんが、それ以上のパフォーマンスを発揮してくれています。
本体の出し入れは純正に比べるとかなり便利になります。
純正、社外のハウジングで使い分けをするのが良いと思います。
ちなみに私は、純正を水中撮影用。社外をそれ以外で使っています。
ご参考になれば幸いです。